船遊び倶楽部

屋形船に乗ってみよう

桜と屋形船

屋形船と言えば、「夏場の花火大会を美味しいお酒と料理に舌鼓を打ちながら眺める」というイメージが浮かびますが、「桜の花を船上から眺める」のもとても風流で楽しいものです。通常の花見は歩きながら近くの桜の花を眺めるか、桜の木の下で宴会を催すのが一般的ですが、このような花見に飽きてしまった人には、船からの花見がおすすめです。川沿いに植えられている桜は川を覆いかぶさる様に一斉に咲き誇ります。船上からの眺めは陸上からの眺めよりも美しく、かなり違った印象が残るはずです。 古来日本人は、平安の昔から舟遊びが好きな民族でした。多くの歌人が舟遊びの中ですばらしい多くの歌を残しています。しかし、太平洋戦争に続き、高度成長期時代に日本の川の水質はかなり悪化し、昔のような川遊びの習慣が衰退してしました。近年になって日本の河川の水質はかなり向上しました。船での遊覧の際にもヘドロ臭などは無く、川には魚は戻り、水鳥が楽しそうに泳いでいる姿を見る事が出来ます。近年の人々の舟遊びとは、昼間は家族で船上からの風景と食事を楽しみ、夜は会社仲間や親しい友人同士で夜景とお酒と食事を楽しむのが主流になっています。


船遊びで素敵な思い出を作るなら

屋形船をご利用になりませんか

観光名所を巡る屋形船

年末の恒例行事である忘年会、年が明けてからの新年会や春の歓送迎会などで、舟を貸し切って行う場合があります。 いつもはレストランや居酒屋でするのが一般的ですが、たまにはいつもと違った雰囲気と場所を楽しみながら楽しく飲み会を開くのもいいかもしれません。 このように地元の方が利用する場合もあれば、国内外からの観光客への「おもてなし」として利用する場合も多いですね。観光名所を巡る舟は、和風なものが多く、中には堀こたつ完備の舟もあるので、冬でも暖かですね。夕方は夕暮れも楽しめ、夜は街のネオンを水上から眺めながら食事やお酒を楽しむことができ、いつもと違った目線からの夜景は素晴らしいものがあります。桜の時期は大変人気で、舟から眺める桜は大変情緒があり、日本って美しいなぁと再認識させてくれますね。さぁ、これからの観光シーズン、ゆら~っとのんびりとした小旅行気分で・・・まだ乗ったことがない方は屋形船に乗ってみましょう。

Copyright(c) 2011 船遊び倶楽部. All Rights Reserved.